フジクラ企業年金基金ホームページ
ホームサイトマップお問い合わせ個人情報の取扱い
年金制度のしくみ 基金からうける給付 基金の手続 当基金について

ライフプラン
受給者のページ
年金Q&A
日本年金機構
厚生労働省
国税庁
タックスアンサー
企業年金基金連合会

国の年金制度は、「老齢」になったときや、「死亡」、「障害」など万一のときに備えて、現役世代が保険料を出し合い、社会全体で受給者の給付をまかなうしくみにより運営されています。
皆さんが加入する公的年金制度は、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する「国民年金」と、民間企業で働く会社員が加入する「厚生年金保険」の2階建てです。
年金の受給資格を満たすと、国民年金からは「老齢基礎年金」、厚生年金保険からは「老齢厚生年金」をうけとれます。

フジクラ企業年金基金は、フジクラで働く社員(退職金制度の対象者)だけの企業年金制度です。社員の退職後の安定した生活を目的に設立・運営されています。
会社の退職金原資が基金の給付原資として移され、年金または一時金が支払われます。
受給資格を満たすと、国の年金に上乗せして、フジクラ企業年金基金から年金または一時金をうけとれます。

国の年金の受給資格って?

 国の年金をうけるためには、原則として10年以上加入し、保険料を納めることが必要です。受給資格を満たすと原則65歳(生年月日によっては60〜64歳)から、終身にわたって年金が支給されます。
*国の年金制度のしくみについては、日本年金機構ホームページをご覧ください。

Copyright(C)フジクラ企業年金基金 All righat reserved