フジクラ企業年金基金ホームページ
ホームサイトマップお問い合わせ個人情報の取扱い
年金制度のしくみ 基金からうける給付 基金の手続 当基金について

ライフプラン
受給者のページ
年金Q&A
日本年金機構
厚生労働省
国税庁
タックスアンサー
企業年金基金連合会

基金の給付は、加入者の皆さんがライフプランに応じて自由なうけとり方が可能になるよう、「第1年金」と「第2年金」の2つに分けて設計されています。
給付原資(=基金支給退職金)は基準給与です。基準給与は、退職手当金規程に定められています。
基準給与=(勤続ポイントの累積+等級・資格ポイントの累積)×ポイント単価(10,000円)

基準給与の50%が「第1年金」の原資に、50%が「第2年金」の原資になります。
基金の給付は、在職(加入)期間によってうけとり方法が異なります。
在職(加入)20年以上の方は、年金をうけとる権利が発生します。年金支給期間(5年、10年、15年または20年)を選ぶことができ、年金ではなく一時金でうけとることもできます。
在職(加入)20年未満の方は、年金をうけとる権利が発生しません。このため、積み立てた給付原資が一時金で支払われます。ただし、転職先の企業年金制度などへ給付原資を移せば、将来、年金としてうけとれる可能性も出てきます。(→企業年金の通算制度
万一、在職中や年金(一時金)受給前に亡くなられた場合には、ご遺族に一時金が支払われます。また、年金受給中に亡くなられた場合には、ご遺族に年金または一時金が支払われます。


Copyright(C)フジクラ企業年金基金 All righat reserved