フジクラ企業年金基金ホームページ
ホームサイトマップお問い合わせ個人情報の取扱い
年金制度のしくみ 基金からうける給付 基金の手続 当基金について

ライフプラン
受給者のページ
年金Q&A
日本年金機構
厚生労働省
国税庁
タックスアンサー
企業年金基金連合会

在職(加入)20年未満の方、または20年以上の方で50歳未満の方は、本人の申し出により脱退一時金の原資を他の企業年金制度へ移し、将来、年金としてうけとることもできます。
脱退一時金を移すことができる制度は、退職後の状況(進路)に応じて、転職先の企業年金、企業年金連合会の通算企業年金、個人型確定拠出年金などです。
企業年金制度の特徴
種 類
特 徴
厚生年金基金 ●加入期間や退職時の年齢に応じて年金額があらかじめ決められている。
●制度内容や支給要件は企業ごとに異なる。
確定給付企業年金
企業型確定拠出年金 ●自己責任において積立金の運用を行い、その結果で年金額が決まる。
●制度内容や支給要件は企業ごとに異なる。
企業年金基金連合会の通算企業年金
(ホームページ:http://www.pfa.or.jp/
●年金額は年利2.25%(最低保証額)で計算される。
●脱退一時金相当額を移す際に手数料がかかる。
国民年金基金連合会の個人型確定拠出年金
(ホームページ:http://www.npfa.or.jp/
●自己責任において積立金の運用を行い、その結果に応じて年金額が決まる。
●脱退一時金相当額を移す際に手数料がかかる。

Copyright(C)フジクラ企業年金基金 All righat reserved